湘南フォトコンテスト 入賞作品発表

Supported by G-Technology

グランプリ

  • 山内明徳様「秋の彼方へ」

準グランプリ

  • 綿谷重規様「海に向かって」

  • 佐久間芳之様「レインボー ビーム」

  • 山田俊次様「宮出し」

キッズ賞

  • 馬場悠斗様「太陽のサーファー」

江ノフェス賞

  • 道端嗣海様「サンセットカラー」

  • 川瀨瑛理様「これからも・・・」

  • 小林麻由子様「宵のきらめき」

  • 三谷泰彦様「BEST FRIENDS」

  • 岩永亜希子様「静寂の調べ」

審査委員長 市川紀元
審査委員長 市川紀元

このたびは湘南フォトコンテストに多数のご応募をいただきありがとうございました。

応募総数は昨年よりも大幅に増え、353件となりました。

応募作品全体を見渡すと以前は海で撮影された夕景の作品が多かったのですが今回は海以外の場所で撮影されたものも増えてきてバラエティ豊かになってきました。グランプリに選ばれた山内明徳様の「秋の彼方へ」は鵠沼海岸の引地川河口での雲の写り込んだ風景をダイナミックに切り取り目を見張るものがありました。惜しくもグランプリを逃し準グランプリに選ばれた作品も片瀬西浜に現れた虹を捉えた佐久間芳之様の「レインボー ビーム」、稲村ヶ崎の子供たちを写した不思議な魅力のある綿谷重規様の「海に向かって」、被写体に近づき祭りの雰囲気を画面いっぱいに取り込んだ山田俊次様の「宮出し」といずれも力作揃いとなりました。江ノフェス賞に関しても魅力ある被写体を豊かな表現力で捉えているものが審査員の目に留まり受賞に至ったと思います。また今回の審査では作品に写りこむ人物の肖像権の問題にも直面しました。非常に魅力的な作品でしたが肖像権の問題をクリアできず惜しくも受賞を逃してしまいました。主催者側としてもこの問題をクリアするため最大限の努力をしましたが解決には至りませんでした。SNS等の広がりにより作品が一人歩きしてしまう恐れもあるため肖像権に関しては主催者側としても敏感にならざるをえません。正しくスナップ写真受難の時代であると痛感した次第です。ただそのことばかりを心配していては写真を撮ること自体がつまらないものになってしまいます。撮影させていただいた後でも被写体の方とコミュニケーションを取るなどして写真という趣味を楽しんでもらいたいと思います。また来年も数多くの力作と出会えることを心待ちにしています。

審査委員長 市川紀元
審査委員長 市川紀元

入賞作品は10月21日(土)より11月5日(日)まで、江の島シーキャンドル展望室にて展示します。

Supported by G-Technology

「G-Technology」は、湘南藤沢で育まれた伝統と信頼あるHDDメーカーの系譜を継承する「HGST」が展開する外付けHDDのプレミアムブランドです。その性能と信頼性はオーディオ/ビデオ制作、写真編集などデジタルコンテンツ制作現場で活躍するプロからも高い評価を得ています。

HOME>イベントガイド>フォトセッション>湘南フォトコンテスト 入賞作品発表